御堂筋税理士法人創業者ブログ

御堂筋税理士法人の才木です。


12月に入って、お客様2社の経営計画作成
ミーティングのサポートをさせて頂きました。

大企業の場合は、四半期方針や上期・下期方針を
明確に打ち出しますが、中小企業は基本、年1回ですね
従って、年一度の経営計画作成という仕事は
とても重要になります。

経営計画を実行管理するシステムは月次の4サイクル

1.月初に個人で振り返る

2.その結果を上司と面談

3.チームで確認する(会議)

4.月中のフォローアップ

ということは、いつも意識しています。


それに対して、中期経営計画のチェックサイクル

1.今年度の業績・行動を振り返る

2.中期計画に対しての進捗を振り返る

3.戦略課題は何かをフレームワークを使って整理する

というような感じですかね。



まず、1年間の振返りはきちんと行って頂きます。
1.上手く機能したこと。
2.課題と感じたこと。
をしっかりと個々人の意見も傾聴して。

とくに、上手く機能したことを発展させることによる

中期計画の目標達成が理想的だからです。

まず、その可能性を追求したいですね。

修身教授録で森信三先生は『スキルは、長所を伸ばせ』

とおっしゃっています。



そして、戦略思考で中期経営計画を検討していくわけですが、

ここは各社各様で、ビジネスモデル、シェア、組織の習熟度等々

その会社にあった、思考ツールが必要になると思います。

中期計画ですので、視点を高くして、俯瞰できるように

進行するのが私たちの役目だと思います。


両社とも、アグレッシブかつコミットメントを得た
目標設定になりそうで、ホッとしています。

しかし、設定したら、即実行管理フェーズに突入です。

つまり、月次の4サイクルシステムへ!




次に、中期経営計画とのギャップ測定。





関連記事

Noimage 経営

1秒1円の可視化

Noimage 経営

2日間の経営計画合宿

Noimage ブログ

北東北工務店経営者二代目大学最終講

Noimage 経営

PDCAサイクルというフレームワーク

Noimage 経営

目標設定と行動

Noimage 経営

会計事務所甲子園2次審査

Noimage 経営

組織存続の三要素を求めて

Noimage 経営

高い基準で目標を設定する