御堂筋税理士法人創業者ブログ

御堂筋税理士法人の才木です。



毎月、経営会議に参加している会社があります。

新しい期がはじまって第1回目の会議です。


私が注意してチェックしたかったことの一つは、

『今期の戦略の進捗チェックできる

仕組みが整っているか?』です。

 

仕組みとは、

チェックできる資料

とチェックする場と方法のことです。


まず、戦略に従ったチェック資料はどうか?

今期の戦略は、比較的小規模の新規のお客様を

○○件獲得し、売上総額○○円を増販することです。



資料のポイントは、

1.新規顧客へのアプローチが見える化できること

  ⇒KPIは訪問予定回数と訪問実施回数

2.口座開設後の売上推移が見える化できること

  ⇒販売の増減から事実を推測する。

3.営業担当者が振り返れるような工夫


と主に3点です。





この3つのポイントを網羅できる資料をメンバーで話しあいました。
そして、その資料を使って

いつ、どのようにして部下と上司が

会話をするかというも議論しました。


これが、チェックの場と方法ですね。
ある営業所長が言いました。
『当月予測と実績を確認しながら、
来月の予測をするときに、来月の行動予定を
決めてもらうことが大切ですね』



まったく、その通り!


ということで、今期の重点戦略のチェック資料改定の

意思決定がなされました。




資料は、人間の思考を左右する大切なツールです。

会議時間は、3時間予定が4時間と1時間延長となりましたが

とてもいい意思決定ができたと思いました。


関連記事

Noimage 経営

組織存続の三要素を求めて

Noimage 経営

会計事務所甲子園2次審査

Noimage 経営

住宅業界の情報収集

Noimage 経営

PDCAサイクルというフレームワーク

Noimage 経営

新規のお客様訪問

Noimage 経営

目標設定と行動

Noimage 経営

経営情報があると効果的な意思決定ができる。

Noimage 経営

素晴らしい目標設定