御堂筋税理士法人創業者ブログ

コンサルティングに強い御堂筋税理士法人の才木です。

弊社のコックピット会議も299回。
次回は、記念すべき第300回。
ちょうど25年実施し続けたことになります。
※6月3日見学会は、お申し込み満員御礼となりました。

さて、今日は299回の振り返りの話。

会議を通じて良かったことは、
お客様協働計画書の充実であります。

※お客様協働計画書とは、年初に計画した
お客様との取り組み(経営サポート、税務サポート)
を月次サイクルのPDCA(先月の課題→今月の振り返り
→来月の課題)と年次サイクルのPDCA(年初の目標との乖離チェック)
を見える化した資料のことです。

特に、若手社員の計画書に記された内容とともに
発表内容自体が明確で、お客様との取り組みの様子が
目に浮かぶように報告してくれたことでした。
特に中野君、とても良かった!

的確にお客様の状況と取り組み内容を報告してくれると
上司からのアドバイスも的を射た内容になるので、
とても有効な時間に感じました。

課題は、盛り上がりすぎたので時間オーバーしたこと。
これは、他の討議項目の見直しで対応することとなりました。

そして、会議を通じて感じた課題は、
コックピットに記された新規売上年計寄与率18.9%
という数字に背景に起こっている事実。

算式は、
1年以内関与のお客様売上年計
年計売上(昨年5月~当年4月までの売上合計)

この数値が20%に近いということは、新規に関与させていただいた
お客様のウェイトが想定より高いということ。
なぜなら、当期の目標売上は昨年対比110%弱の数値。
新規に関与させていただくお客様の場合、初期調査や
経理業務の立上げ支援含めて通常月に比して投下工数が
多くなるのが実態です。

また、年明けから確定申告、3月決算法人の決算業務等
の業務もあいまって、とても多忙な状態になっているのかと・・・・。
現実として、体調不良のスタッフも数名でているので・・・・。

ということで、コックピット会議終了後の役員会に
マネジャーも加わってもらって、仕事の分担のルール変更や
教育プランの見直しも行いました。
緊急対応です。

対策含め思考錯誤の連続ですね。
もう少し、先読みできる指標はないかな?
もっと探求していこう。

コンサルティングに強い税理士法人 御堂筋税理士法人の才木でした。


関連記事

Noimage 経営

1秒1円の可視化

Noimage 経営

創業90周年の設立記念祭

Noimage 経営

目標設定と行動

Noimage 経営

チーム営業で大逆転の目標達成

Noimage 経営

経営計画とは何か?

Noimage 経営

お客様の創業89年創立記念祭

Noimage 経営

目標未達の時

Noimage 経営

業績検討資料の見直し