御堂筋税理士法人創業者ブログ

御堂筋税理士法人は、CSV経営戦略を推進しています。

その一部として、SDGsへの取り組みを実施しています。 

 

 

昨日、「脱おっさんセミナー」をミラクリさんとコラボ企画で実施しました。

http://www.miracreation.co.jp/

 

メインゲストのサイボウズの

コーポレートブランディング部長

大槻さんがおっしゃった、

「働き方改革」ではなく、「働き方開拓」という考え方で!

という言葉が、とても心に残りました。

 

今までの良いところは、残して、新たな良いとことを

探して、追加していこうという意味です。

そこで、5番!「ジェンダー平等を実現しよう」

 

 

 

 

弊社では、全スタッフ25名中9名が女性です。

管理職では、7名中2名が女性。

まだまだ女性比率が低い。

もっと、働き方をフレキシブルにして、

スタッフ比率、そして管理職比率を上げようと

考えています。

特に、子育てや介護期間の女性と働く環境を

共有したいと考えています。

 

また、私は、個別に8番「働きがいも経済成長も」

に取り組んでいます。 

 

 

 

ディーセント・ワークと経済成長を

両立させることはなぜ大切か 

 

目標の内容は何か。 

すべての人にとっての包摂的で

 持続可能な経済成長と雇用、

ディ ーセント・ワーク

(働きがいのある人間らしい仕事)

を促進することです。  

 

「私は仕事を持っています。」

という職のある人間にとって、

なぜこの目標は大切なのですか。

 

 人々の生産性が上がり、

それぞれの国の成長に貢献できれば、

社会全体に利益が及びます。

 

生産的な雇用と「ディーセント・ワーク」は、

公正なグローバリゼーションと

貧困削減の達成に鍵を握る要素だそうです。

 

「ディーセント・ワーク」とは何か。

 ディーセント・ワークとは、

公正な所得、安心できる職場と

家族の社会保障、自己啓発と社会的統合のより

よい見通しを提供できる生産的な雇用を

誰もが得られる機会を意味します。

 

そこで、弊社のお客様の一般社団法人HI FIVE

の代表理事の畠山亮夏さんとお母様の畠山織恵さんと

一緒に取り組みを進めています。 

http://hi-five.biz/ 

 

169ターゲットでは、 

 

8.5 2030年までに、若者や障害者を含む

すべての男性及び女性の、完全かつ

生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、

ならびに同一労働同一賃金を達成する。 

という定義されています。

 

公正な所得、安心できる職場、社会的統合という

簡単には、達成できない目標かもしれませんが、

チャレンジしたいと思います。


関連記事

Noimage ブログ

経営者の条件(第6章)意思決定とは何か その2

Noimage ブログ

台風21号の被害を乗り越え目標達成!

Noimage ブログ

経営者の条件(第3章)その2

Noimage ブログ

三男の夏が終わりました。感動をありがとう!

Noimage ブログ

分析の進め方

Noimage ブログ

会計事務所業界の方向けご案内です!

Noimage ブログ

北東北工務店経営者二代目大学最終講

Noimage ブログ

弊社マネジャー小笠原知世さんの1日