御堂筋税理士法人創業者ブログ

コンサルティングに強い御堂筋税理士法人の才木です。

春ですね。
高校野球に続き、プロ野球も開幕しました。

私は、小学校3年生から高校3年生まで
野球というスポーツを10年間続けていました。

特に、小中学校のときの監督に
言われていたことは、
『練習でできないことは試合ではできない!』
『試合のつもりで練習に取り組め!』
『練習のための練習はしたらあかん!』
という言葉は、今でも鮮明に覚えています。

そのように取り組んでいるつもりでも
試合になると、緊張してしまい、
いつものバッティングや守備ができない
ことが多くありました。

そのたびに、
『練習のときのイメージ力が弱い!
もっと試合をイメージして練習に取り組め!』
と叱られたものです。

一方、ビジネスの世界に置き換えると
練習とは何か?ということです。
営業という仕事であれば、
営業シーンを想定してのロープレ。

会計事務所の仕事では、
月次決算の報告時をイメージしたロープレ。
決算報告時のロープレ。
もちろん、契約時を想定したロープレもあります。

弊社も含めて、中小企業では、ロープレつまり
練習の重要性がまだまだ浸透していないなと
最近感じるようになっています。

練習量が少なくて、試合で成功する確率は
よくないのは当たり前ですよね。

特に、ライバルが大手企業の業種であれば、
そのようなトレーニングメニューも豊富な
可能性もありますので、練習量と練習の仕方の
工夫も必要になりますよね。

とにかく、
『練習でできないことは、試合でできない』
この言葉については、私自身、その通りだと思います。
※たまに、実力以上のことが実践で
発揮できる場面もありますがレアケース。

自分自身、組織そしてお客様で練習量、練習方法に
ついてフォーカスしてみよう。

コンサルティングに強い税理士法人 御堂筋税理士法人の才木でした。


関連記事

Noimage 日常

練習の目的は何ですか?

Noimage 日常

経営理念と基本指針

Noimage 日常

2015年スタート

Noimage 日常

人を惹きつける魅力のDNA

Noimage 日常

1月の振り返り

Noimage 日常

書評「セブンイレブンだけがなぜ勝ち続けるのであろうか?」

Noimage 日常

探究心と行動力

Noimage 日常

9月スタート!新入社員加入。