御堂筋税理士法人創業者ブログ

劣後順位の決定が重要

 

優先順位の決定には、

いくつか重要な原則がある。

 

 

全て分析ではなく

勇気に関わるものである。

 

第1に、過去ではなく未来を選ぶ。

 

第2に、問題ではなく

機会に焦点を合わせる。

 

第3に、横並びではなく

独自性を持つ。

 

第4に、無難で容易なものではなく

変革をもたらすものを選ぶ。

 

したがって、

現在集中して取り組んでいる

仕事以外のものに

コミットしてはならない。

 

現在の仕事を終わらせた後、

改めて状況を検討し、

優先すべき次の仕事を

選ばなければならない。

 

集中とは、

「真に意味がある事は何か」

「最も重要な事は何か」

と言う観点から

時間と仕事について

自ら意思決定をする

勇気のことである。

 

この集中こそ、

時間や仕事の

従者となる事なく

それらの主人と

なるための唯一の方法である。

 

所感

 

集中とは、

~中略~

勇気である。

 

勇気を振り絞る

キーワードは、

1.未来!

2.機会!

3.独自性!

4.変革(難しい)!

 

「これは、難しいんですよ」

良く聞くフレーズ。

 

このフレーズは、実は

真の仕事のきっかけ。

 


関連記事

Noimage ブログ

経営者の条件(第6章)意思決定とは何か その2

Noimage ブログ

論語での気づき

Noimage ブログ

月次決算は、経営者の感情とリンクさせなければいけない

Noimage ブログ

若手メンバー懇親会

Noimage ブログ

情報のサービスに変換する力

Noimage ブログ

コックピット会議に参加

Noimage ブログ

税理士法人古田土会計経営計画発表会

Noimage ブログ

環境変化のスピードがはやいですね。