御堂筋税理士法人創業者ブログ

コンサルティングに強い御堂筋税理士法人の才木です。

本日は、税理士法人古田土会計さまの
第34期経営計画発表会に
参加させていただきました。

まずは、基調講演。
株式会社アピッシュ 代表取締役坂巻哲也氏。
坂巻氏は、カリスマ美容師であり、
経営者でもあり古田土経営のお客様でした。
音楽を交えたプレゼンテーション技術も素晴らしく、
ご自身の幼少期からの体験をもとに、
観衆を飽きさせずに、アピッシュの経営
スタイルについてお話をしてくださいました。

特に印象に残ったのは、毎日朝5時から6時は読書タイム。
6時から非公開LINEにその読書のまとめメッセージを
送っているそうです。
私には、まねできない勉強についての直向さでした。

そして、古田土先生が登壇されて80分間みっちりと
古田土会計の経営計画書の解説をしてくださいました。

私が、特に参考になってメモしたことを下記に記します。

・経営計画は、3部構成。
 1.短期利益計画
 2.中期事業計画(2020年)
 3.長期事業構想(2030年)

・社員の将来への5つのコース
 1.社長・役員・幹部コース
 2.税理士法人の代表社員・社員・支店長コース
 3.経営者コース
 4.エキスパートコース
 5.一般社員コース
 6.独立コース

・組織図に目標担当件数等標準値の明記

・目標は『その通りにいかない』からこそ、必要です。

・数値計画は、利益目標中心に→経費は多めに
 売上目標は高く設定し、達成すれば業績利益配分できるように。

・新事業として、経営計画作成指導員の育成。

・社員教育の教科書は経営計画書、
 プロジェクト計画書は副読本、
 実地教育は環境整備と現場。

・親孝行月間
 お客様に尽くすことの第一歩として親孝行をする

・プロジェクト計画書は、経営の横の糸として
 非常に重要である。※一倉定先生の言葉

・古田土品質!古田土プライド!
 ※どこかで聞いたフレーズ 笑

150人を超える会計事務所のあり方として
非常に勉強になりました。
チェスター・バーナードの
組織存続の3要素
 1.目的を明確にする
 2.コミュニケーション
 3.メンバーが意欲に溢れている
まさに、実現しながら追求されています。

また、言語概念化を徹底し、共通言語で浸透させる
不断の追求の姿勢がビシビシ伝わってきました。

『月次決算書』と『経営計画書』には、
絶対の自信を持ってお客様に提供する徹底度。

私たちの組織はまだ20人未満の組織です。
これからの組織に向けた課題がより鮮明になりました。
さあ、これからTTP(徹底的にパクる)活動です。

会計事務所甲子園からご縁をいただいた飯島常務に感謝です。

コンサルティングに強い税理士法人 御堂筋税理士法人の才木でした。


関連記事

Noimage ブログ

羽生善治さんの「捨てる力」

Noimage ブログ

御堂筋論語塾

Noimage ブログ

採用面接で共有すること

Noimage ブログ

人と会う

Noimage ブログ

第1回未来会計フォーラムに参加して

Noimage ブログ

御堂筋 幹部ビジネススクール最終回

Noimage ブログ

お役立ち会計事務所100選2015年

Noimage ブログ

北東北工務店経営者二代目大学最終講