御堂筋税理士法人創業者ブログ
リファラル(referral)という
単語の「紹介・推薦」という
意味をもつ採用手法であり、
自社に在籍する社員や
既に退職したOBなどから
知人や友人を紹介してもらい、
自社の選考基準に沿って
採用を行う手法です。

数年前まではまだまだマイナーだった
「リファラル採用」ですが、
近年注目度が上がっています。

会計事務所業界も
新卒志望者が激減・・・・。
既存会計事務所スタッフは、
業界の先行き不安で、
一般企業経理に転職・・・。。
という市場環境も変化しています。

弊社の求人数は、年間2人~5人なので
市場変化は影響ないかと思いつつ
実際に成果は厳しい状況。

そこで、白潟総研さんの
コンサルティングを受けることを決意!
https://www.management-facilitation.com/seminar/detail/?ssid=3729#entry

2月からスタートして、
月1回プロジェクトミーティング。
私含め、6名のメンバーでチャレンジ。

ここまでを振り返ると
1.欲しい人物像の言語化
2.入社してほしくない人物像の言語化
3.御堂筋Gの魅力!
4.御堂筋Gの課題・・・・
5.メンバーの個人人脈の掘り起こし
という順序で、推進してきました。

2.入社してほしくない人物像の言語化
は、明確に示すことで、
離職率を下げる効果は上がると思います。
喉から手が出るほど人が欲しいと思うときでも
このような人は、お互い不幸になるという決意が
必要だと改めて思いましたし、その言語化を
役員・幹部メンバーではなく、一般スタッフも
巻き込んで検討できたことが財産です。



また、4.御堂筋Gの課題・・・・
については、私抜きで、検討し、
意見をまとめていただきました。

まとめを見るまでは、ドキドキしましたが、
・私と同意見の項目
・受け入れがたいが事実だと認識した項目
・メンバーが勘違いしている項目
⇒その後共有し、誤解を解きました。
一緒に共有できて良かったです!



『メンバー肉食につき、時おり言葉尻が強いことがある』
こんな表現もそのまま入れています。笑
「グッドブラック企業」という定義もあるようです。
仕事はキツいけど、社員として育ててくれる
一人前にしようという体制が整っている会社。
そんな会社なのかな?と思ったり。

そんなアピールブックを作成しながら、
自分の幼稚園から現職に至るまでの
友人関係、師弟関係、親戚関係を
個別リストアップして、アタック開始!

アタック開始して、3ヶ月で
お一人内定決定!!

そんな、5ヶ月間のストーリーを
私が語りたいと思います。
そして、解説を弊社を
コンサルティングしてくださった
白潟総研大阪支社長 畦田(うねだ)さん
の解説付き!

・求人広告を出しても、なかなか人が集まらない…
・紹介会社を使っても、なかなか良い人材に出会えない…
・苦労して採用しても、なかなか定着しない…
は、是非、7月22日無料ウェビナー申し込みをどうぞ!
https://www.management-facilitation.com/seminar/detail/?ssid=3729#entry

関連記事

Noimage ブログ

経営者の条件(第3章)その2

Noimage 経営

組織存続の三要素を求めて

Noimage ブログ

経営者の条件

Noimage ブログ

経営計画発表会とワールドカフェ

ブログ

経営計画ミニ合宿(経営コンサルチーム)

Noimage ブログ

経営者の条件(第6章)意思決定とは何か その2

Noimage 経営

目標の自己管理

Noimage ブログ

弊社マネジャー小笠原知世さんの1日