御堂筋税理士法人創業者ブログ

コンサルティングに強い御堂筋税理士法人の才木です。

 

今月の課題図書の1冊である

ドラッカーの『経営者の条件』を読み返しています。

書籍の帯の言葉が

「成果と貢献、強み、時間の管理

すべてのプロフェッショナルは自らをマネジメントする」

と記されています。

とても印象深い言葉が並んでいます。

 

私自身経営者であり、私たちのお客様も経営者です。

まだまとめあげていませんが、キーワードの抜粋を

してみました。

 

本書の大前提

1. エグゼクティブの仕事は成果をあげることである

2. 成果をあげる能力は習得できる

→成果をあげるということは、

教科ではなく、訓練である。

 

成果をあげる8つの習慣

0.聞け、話すな

1.なされるべきことを考える(思考)

2.組織のことを考える(思考)

3.アクションプランをつくる(決定)

4.意思決定を行う(決定)

5.コミュニケーションを行う(行動)

6.機会に焦点をあわせる(行動)

7.会議の生産性を上げる(行動)

8.「私は」ではなく「私たちは」を考える(2と同じ)

 

成果をあげるために必要な習慣的能力

1. 戦略時間の体系的管理

2. 期待されている成果把握と貢献努力

3. 強みを基盤とする

4. 成果のあがる領域に集中

5. 意思決定を行う

「成果をあげることは習慣である。

掛け算の九九のようなものだ」

と記されています。

6・6→36

7・3→21

というように、上記5つの習慣的能力を

九九のように毎日、何回も何回も自分に問うて

トレーニングすることであると。

 

まだ、そこまで徹底してやっていないから

私自身、安定した成果が出せないのだと気付きました。

 

また、意思決定について、

「意思決定は、合理的な行動に関わるものである。

たどりさえすれば自然に成果をあげられるような

広くてはっきりした道は存在しない。

しかしたどるべき方向や道筋を

教えてくれる標識はある。」

 

意思決定は、奥が深い・・・・。

もう少し読み込みます。

 

コンサルティングに強い税理士法人 御堂筋税理士法人の才木でした。


関連記事

Noimage 経営

会計事務所甲子園2次審査

Noimage 経営

組織存続の三要素を求めて

Noimage ブログ

2021年度経営計画作成中

Noimage 経営

創業90周年の設立記念祭

Noimage ブログ

リファラル採用の取り組み

Noimage 経営

目標の自己管理

Noimage 経営

頻繁なチェックによるPDCA強化

Noimage 経営

ブルーオーシャン戦略