御堂筋税理士法人創業者ブログ

・交通費の精算の期限が遅れる・・
・日報が毎日書けない・・
・請求書の情報が期限までにまとめられない・・・・

等々のビジネスシーンで、管理者の悩みがあるのではないでしょうか?

弊社でも、日報を刷新した時、毎日日報を書こう!
と言っても、定着せず、
マネジャー「○○さん、日報入れてね」
スタッフ「はい・・・」
というやり取りが飛び交います。

結局、このような日常業務は、習慣化(自然にできる)ところまで
反復しないとダメですよね。

その時の思考法が、NLPの学習の5段階です。

学習の5段階レベル

日報を例にとると、

レベル1 無意識的無能
日報導入前は、無意識で記録方法も知らず、効果も知らない。

レベル2 意識的無能
入力しようと思っていても、忘れてしまう・・・・。
週に1回は不完全・・・・。

レベル3 意識的有能
やっと、毎日日報により、振り返る重要性を理解でき、
毎日振り返ることができるようになる。

レベル4 無意識的有能
仕事が終了の都度、日報を記録し、振り返りがそこに発生し、
仕事の生産性を更に意識でき、メンバーとの情報交換が活性化する。

レベル5 無意識的有能に意識的有能
目的を伝え、さらに良い方向にもっていこうとできる。

この5段階を意識しながら、いま、どの段階というように上層部は
マインドコントロールして、何度も何度も、まず「無意識的有能」の
の状態を目指して、日々声掛けが必要だと。

自分も忘れるときがあるということは、習慣化できていないという証拠。
従って、みんなで習慣化できるまで指摘しあえるかも重要ですね。

関連記事

Noimage 日常

2015年スタート

Noimage ブログ

経営者の条件(第5章)その1

Noimage 日常

厳しいフィードバックからの成長

Noimage ブログ

新しい経営理念の唱和

Noimage ブログ

ランニング時のコックピットと経営のコックピット

Noimage 経営

1秒1円の可視化

Noimage ブログ

【初企画】家族で考える資産承継対策セミナー  

Noimage ブログ

期待感ある目標設定