御堂筋税理士法人創業者ブログ

コンサルティングに強い御堂筋税理士法人の才木です。

お客様の部門長会議。
目的は来期のチェックの仕組みについて。

工事部門の売上目標は4億円
工事利益率30%で工事粗利1.2億円。
当期の着地見込みは粗利1億円。
したがって、粗利増120%の計画です。

労働集約型のビジネス(工事受注・施工)
において120%は現状の延長戦計画では
達成できない場合が多く、
そのことも部門長も理解している様子。

そこで、部門長はじめメンバーの改善案は
高単価工事の受注・施工でした。
500万以上工事20件。
平均700万×20件×30%=4200万円
この作戦は、全体粗利目標の35%確保作戦となります。

この時点で、この作戦のウェイトが高まることが
明確になりました。

そこで、私が
「当期の500万超工事は何件?
 その案件受注率は何%?」
と質問しました。

「ちょっと待ってくださいね。」
と案件管理のデータベースを検索。

「当期は、12件の受注実績です。
 そして、500万超案件は28件ですので
 受注率は42.8%ですね。」

では、20件受注に対する案件発生数目標は?
「20件÷0.42≒48件ですね。」

なるほど、では当期の28件の発生ルートを
確認してみましょうか?

というように、大型工事の案件発生目標数値をルート別に
仮説立てし、その仮説数値達成のためのプロジェクトも
決定することができました。

とても爽快な討議でした。

なぜなら、プロセス情報がきちんとデータベース化され
情報として蓄積できていたからです。
もしも、私の
「当期の500万超工事は何件?
 その案件受注率は何%?」
という質問に対して、情報がなかったらどうなるか?

「いや~~。5件かな?いや10件はあったような・・・・」
というように、実態が掴めないまま議論が進まず
プロジェクトスタートまでの意思決定は
なされていなかったでしょうね。

ピーター・ドラッカーは
小企業の経営の要諦について
①明確な戦略
②トップのマネジメントへの専念
③経営情報システムの整備
の3つだとおっしゃっています。

まさに、この③経営情報が
この議論で役立ったわけです。

もう少し、議論を重ねて
このお客様のコックピット設計が
次のステップだと私自身の課題も
明確になりました。

やっぱり、経営情報は大切だと感じましたね。
よしっ!

コンサルティングに強い税理士法人 御堂筋税理士法人の才木でした。


関連記事

Noimage 経営

芸術的な経営計画発表会

Noimage 経営

住宅業界の情報収集

Noimage 経営

チーム営業で大逆転の目標達成

Noimage 経営

ポジティブ思考

Noimage 経営

素晴らしい目標設定

Noimage 経営

目標未達の時

Noimage 経営

フランク・ベドガー勉強会

Noimage ブログ

北東北工務店経営者二代目大学最終講