御堂筋税理士法人創業者ブログ

御堂筋税理士法人の才木です。


2月2日(月)は大阪

2月12日(木)は東京

で第2期経営会議コンサルタント養成講座が

スタートしました。


大阪は参加メンバー9名+サポーター2名

東京は参加メンバー31名+サポーター3名

という布陣でスタートです。


会計人が企業の会議という機能を効果的に

ファシリテートすることにより、従来の会計・税務業務

以外のお役立ちを担うためのプログラムです。





第1回目の講義は、

この講座の全体像理解と営業フェーズの確認です。


経営会議とターゲットを絞った表現をしていますが、

会議を良くすると会社が良くなるのかということでは

ありません。


そのことを最初に共有することが

第1講の目的でもあります。


私たちが考える経営スタイルは、

『経営計画を中心とした経営』なのです。


そして立案した経営計画を実行管理する

月次チェックの仕組みが『4サイクルチェックシステム』


1.月初の自己振り返り

  前月のうまくいったこと、できなかったことを

  自分自身で振り返り、当月の目標とアクションプランを

  逆算思考でチェックしながらコミットメントをえることです。


2.上司・先輩との個人面談

  自分自身の振り返りでコミットメントしたことを

  上司・先輩の目でチェックしてもらいます。

  ここで約束したことを大切にして1ヶ月を過ごします

  のでここでの打合せ内容もとても重要です。


3.チームでの進捗確認(ここが経営会議)

  上記、1.2である程度振り返りのできた状態で

  経営計画上の課題の推進や業績の異常点等を

  効果的な資料と参加メンバーの協力とファシリテーター

  の推進力でこの1ヶ月のアクションプランを確認します。


4.フォローアップ

  会議までのタイムスケジュールはおおむね月初5日以内を

  想定していますので、重要な課題については月中に

  必要メンバーが集まってチェックすることをさします。


このように、会議はチェック機能の中心であります。

従って、チェックのレベルを上げるということは、

経営の質を上げることとなり、経営課題の解決に

近づくということを共有させていただきました。


第1期の皆さんもそうでしたが、皆さんの取り組み

意欲も高く、逆に私が教えていただくことも多く、

とても楽しい時間となっています。


関連記事

Noimage 会計事務所

第2回 会計事務所甲子園決勝大会オリエンテーション&決起集会

Noimage 会計事務所

実務経営様主催「御堂筋税理士法人 超見学会」

Noimage 会計事務所

事務所の会議資料の軌跡

Noimage 会計事務所

経営会議コンサルタント養成講座大阪第4期スタート

Noimage ブログ

2021年度経営計画作成中

Noimage ブログ

リファラル採用の取り組み

Noimage 会計事務所

東京第1期 経営会議コンサルタント養成講座 スタート!