御堂筋税理士法人創業者ブログ

御堂筋税理士法人の才木です。

 

金曜日にMAP経営様・

あんしん経営をサポートする会主催の

第1回未来会計フォーラムに参加しました。

 

第1部は青山学院大学原晋監督のご講演。

第2部はMAP経営浅野社長のご講演。

浅野社長は、個人的にも親しくしてもらっている

(私はそう思っている)ので、いつも話している

ことをブレずに講演している姿に清々しさを感じました。

一緒に参加いただいたお客様も

「浅野社長の言ってることは王道でその通りだ!」

ととても感銘を受けてくださっていました。

 

第1部の原監督の話でメモした内容を

共有したいと思います。

 

「ビジネスもスポーツも同じ。

普遍性あり!」

と開口一番おっしゃった。

 

私もその通りだと感じています。

また、原監督は現在、青山学院での成果を

論文にまとめられているとのこと。

来年1月に完成とのことで、読んでみたいですね。

 

さて、原監督の着任からの10年間を振り返り、

大きく4つのステージがあったとのご認識。

 

ステージ1 初期 上意下達の指導

監督対部員

ティーチング&しつけ

寮規則の見直し

「競技力」「チーム力」「人間力」向上のために設置する。

・門限10時

・朝練習5時30分

・朝夕食は全員で食べる

・掃除で全員で行う

・ギャンブル、茶髪の禁止等々

→駅伝は、規則正しく行動することが大原則。

 

ステージ2 自覚期 権限委譲

→基礎ができるようになって初めて自覚や責任感が生まれる。

 

ステージ3 コーチング期 

監督責任者は、キーワードを投げて生徒に考えさせる

※自主性と自由をはき違いに注意

※ステージ1.2を飛ばすと適当なチーム、チャライチームになりやすい

→ここまでの3つのステージは、

状況対応型リーダーシップでの学習内容が蘇る。

http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/10463

 

ステージ4 支援型の運営組織

監督は、外部指導者を巻き込みながら、チーム選手のサポート役に。

→これも企業でも全く同じ。外部の力を借りて成果を出す。

 

ここまでが、原監督が10年間プランの振り返り。

とても興味深いお話でした。

 

また、個別データとして

「夏練習量80%をクリアしてなければ箱根で成果出せない。」

というデータもあるらしい。

いわゆるKPIのひとつでしょうね。

 

もうひとつ

女性の活躍のデータ。

日本陸連の今年夏までのデータで各種目

の日本記録の更新データ。

男子の20年以上日本記録更新なし 6/25 24%

女子の20年以上日本記録更新なし 0/23 0%

これだけ、食事、トレーニング方法、ケア方法が

進化しているのに、男子は25種目中まだ6種目は

20年前の記録を更新されていないという。

女子は、20年前の記録はすべて更新されている。

つまり、女子の成果のほうが目覚しいということ。

社会現象も同じことが起こっているのではないか?

 

というように、プロセスや結果をデータで捉えて

メンタル面も支えながら成果を出されているところに

とても感銘を受けました。

 

最後に成功の10の秘訣として

1.「30年後」の自分を思い描く

2.「半歩先」の目標設定し実践する

3.「できるための方法」を考える

4.本気だからこそ「悔しい」と思える

5.「話をすること」「提案すること」を良しとする

6.大儀をかけて「三割理論」で立ち向かい

7.「個人と組織」両輪で評価する

8.「一体感」を持たせる

9.「怒る」より「アドバイス」を

10.最後はなんとかなるさ!

と締められた。

 

冒頭のお話のとおり、スポーツの世界も

ビジネスの世界も共通要素が多いので、

このような機会はとても刺激になる機会でした。

 

MAP経営の皆さま、そしてあんしん経営をサポートする会

の関係者の方々にお礼申し上げます。

また、次の機会を楽しみにしています!

 


関連記事

Noimage ブログ

経営者の条件(第5章)その3

Noimage ブログ

御堂筋 幹部ビジネススクール最終回

Noimage ブログ

GW(ステイ・ホーム)期間のおともに(読書10選)

Noimage ブログ

「生きることは働くこと」セミナー

Noimage ブログ

ワールド・ワン2017年冬の陣達成大会表彰式

Noimage ブログ

経営計画セミナー

Noimage ブログ

最強組織の法則その2

Noimage ブログ

TKC全国会入会セミナーを受講して