御堂筋税理士法人創業者ブログ

コンサルティングに強い御堂筋税理士法人の才木です。

次男の誕生日プレゼントを買いに家内とショッピング。
ふらっと入ったお店の店員さんが素晴らしかった。

「いらっしゃいませ。サイズ等取り揃えていますので、
 お気軽におっしゃってください。」
とまずは、普通のご挨拶。

そして数分後に、
店員さん「ご主人のお召し物でお探しですか?」
家内  「いや、実は息子の誕生日プレゼントなのです。」
店員さん「それは、おめでとうございます!
     おいくつですか?
     どのような商品をお探しですか?
     サイズは?
     息子様のお好みは?
     お持ちの洋服の色目は?」
というように、結構たくさんの質問をしていました。

私では、到底答えられない質問の数々・・・・。
息子の好みなんて・・・・。
私は答えられない(笑)
さすが家内は、息子を見ているのでしょうね。
しっかりと質問に答えていました。

そんなやり取りが、数分間続いて、
店員さん「では、この商品はいかがですか?
     昨年末からの流行と今後飽きが来ないという視点と
     今までお持ちのパンツとも合わせやすいと思います。」
家内  「いいですね!」
しっかりと、質問をして息子の情報とキーマンである家内の情報を
インプットしてからの提案なので、とても受け入れやすい。

そして、家内が気に入った様子を確認して、
店員さん「この素材は、ブランドA、ブランドBで使用する素材を
     使用していますので、高級感も味わえます。
     わが社のブランドでは、この商品にはこの素材を
     取り入れているので喜んで頂けると思います。」
ブランドAとブランドBはこのショップからみて明らかに
格上のブランドです。格上ブランドを上手く利用して、
提案をされました。
家内  「へ~~。店員さんよく知っているのね。」
店員さん「家に帰ってから、ファッションを研究するのが
     趣味なので。母親に怒られています・・・・。
     仕事が楽しくて、楽しくて、お客様それぞれにあった
     コーディネートがしたいのです。」
そして私「店員さんは、おいくつですか?」
店員さん「24歳です。」
私   「楽しそうですね。素晴らしい」

最後に、名刺を頂きました。
お店の名刺に、自分の名前をゴム印で押した名刺でした。
正社員ではないのか?そこまでは、定かではありませんが・・・・。

この商談を振り返ってみると、
1 最初にしつこくなく、会話できる状態まで待ち
  会話できるタイミングで会話をはじめる。

2 顧客のニーズは何かを徹底的に聞く。

3 ニーズを満たす提案を上手く他のブランドを
  利用して気持ちよく実施。

4 最後に、仕事へのこだわり、楽しさを
  感じさせてくれました。

特に、感心したのは、他のブランドをけなすことなく、
格上ブランドを上手く利用し、自社商品を受け入れやすく
提案したところです。

これは、3C提案ですね。
顧客を分析し、自社とライバルを分析した結果を
上手く、顧客に伝えてニーズに合った商品提案を
実施しています。
何より、「仕事が楽しい」と顧客に堂々と言葉にして
伝えるところが素晴らしい!
うちの息子たちもこのように仕事に情熱を注げるように
成長して欲しいなと感じました。

とても、気持ちいいショッピングでした。
そして、私自身とても勉強になりました!

コンサルティングに強い税理士法人 御堂筋税理士法人の才木でした。


関連記事

Noimage 日常

ボール球振っても打てない

Noimage 日常

練習の目的は何ですか?

Noimage 日常

人を惹きつける魅力のDNA

Noimage 日常

恵比寿の税理士法人イデアコンサルティング

Noimage 日常

1月の振り返り

Noimage 日常

経営理念と基本指針

Noimage 日常

2015年スタート

Noimage 日常

厳しいフィードバックからの成長