御堂筋税理士法人創業者ブログ

御堂筋税理士法人の才木です。

 

今週は、経営計画セミナー講師の機会を

2回いただきました。

 

受講者は、中小企業経営者及び幹部社員の方々。

 

参加者の皆さんのお悩みをお聞きしていると

・計画と立て方がしっくりこない。

・計画を立てたままでチェックができていない。

・チェックはしているが場当たり的。

・どのようなやり方で計画を立てるのか知りたい。

などなど、ワークで共有していただくとよくわかります。

 

私たちが推進している

御堂筋流戦略計画は、ドラッカー流の戦略計画です。

 

■戦略計画とは、

①企業家的なリスクを伴う意思決定を、可能な限りの知識をもって体系的に下し、

②意思決定の実行に必要な活動を体系的に組織し、

③意思決定の結果を組織的かつ体系的にフィードバックし、

 期待と比較測定する連続したプロセスのことである。 

(ピーター・ドラッカー「マネジメント」)

 

⇒事業計画とは、わが社の未来についての仮説の構築と検証のプロセスである。

   仮説を立て、一歩踏み出し、確認することで、その有効性と対応策が見えてくる。

 

ドラッカーの定義する戦略計画は、

期待と比較測定する連続したプロセスまで含んでいます。

計画立案+実行管理(期待と比較)も含んで戦略計画といいます。

つまり、計画倒れという発想はないのです。

このことは、とても重要なので講義でもしっかりお伝えさせていただきます。

 

計画倒れにならないポイントは、

計画にチェックの仕組みを組み込むことです。

戦略計画に記載された目標は、

月次?週次?日次?で

どのように期待値と比較して対応策を検討するかを

決定することが必要になります。

 

また、経営計画を通じて社員教育を行うという

キーワードも重要です。

そのヒントは、

■「経営とは組織の意思と目標を定め、

人材を目標達成へと導いていくシステムである。

そのためにもっとも効果的な方法が、

経営計画を中心とした経営のスタイルである。」

(マービン・バウワー「マッキンゼー経営の本質 意思と仕組み」)

 

このように、経営計画作成が目的になるのではなく、

経営計画を通じて、社員が成長し、モチベーションも上がり、

企業が成長することを目的にしなければいけないと考えています。

1日セミナーもあっという間に終了してしまった感じ。

 

また、私たちも一企業として、同じ目的意識をもって取組んでいます。

その弊社の経営計画書を昨年に引き続き、今年も販売することにいたしました。

ご興味お持ちの方は、是非手に取ってご確認ください。

http://mdsj.shop-pro.jp/

 

 

 


関連記事

Noimage ブログ

期待感ある目標設定

Noimage ブログ

弊社マネジャー小笠原知世さんの1日

Noimage ブログ

経営者の条件(第4章)その1

Noimage ブログ

御堂筋税理士法人のSDGs

Noimage ブログ

変化に対応する能力と蓄え(新型コロナウィルス環境変化で感じたこと)

Noimage ブログ

ワールド・ワン2017年冬の陣達成大会表彰式

Noimage ブログ

御堂筋論語塾 第7講

Noimage ブログ

経営計画作成セミナー最終回