御堂筋税理士法人創業者ブログ

御堂筋税理士法人の才木です。

今までの弊社のブログは、

代表小笠原のCEOブログとスタッフブログに

分かれていました。

これからは、

小笠原のCEOブログと

才木のCOOブログそしてスタッフブログでの

展開とさせていただきます。

私は、週1回の投稿で、

その時々の感じていることとや

みなさまにお伝えしたいことを

掲載していきたいと思っています。

今日のテーマは、『会計ソフトのIT化』です。

今年2月の会計事務所甲子園終了後に、

たくさんの会計事務所の方々と接点を持たせていただいています。

今までは、あまり同業者の方々との交流を

持たなかったものですから、とても新鮮に感じています。

また、それぞれの事務所のお客様へのサービス提供の

内容ももちろんさまざまで、とても勉強になります。

なかでも、会計ソフトのIT化については、

私たちの事務所は遅れています・・・・。

つまり、お客様に最新の情報提供ができていない。

事務所の課題ですね。

IT化とはクラウド型の会計ソフトウェアの登場です。

しかも、IT機能を駆使した生産性向上オプションを

搭載したすぐれものらしいのです。

ビズアップの発展会計

http://www.bizup.co.jp/p01_00.html

マネーフォワード(法人会計)

https://biz.moneyforward.com/hojin/

特に、マネーフォワードは、家計簿アプリから

発展し、法人会計ソフトへ展開してきたとのこと。

実際、使用された先生方の声として、

「3年後には、一定のITリタラシーある企業の

記帳代行業務は、完全になくなる」

ということを断言されていました。

まだ、詳細は研究できていないので

何とも言えないですが、そうなることは間違いないでしょう。

会計業界市場1兆2000億市場に大きな波が

押し寄せていることは間違いありません。

私たちは、このようなソフトウェアの登場を

お客様の経理業務効率アップという視点で、

研究しご提案したいと考えています。

しっかりと研究して、お客様へ提案できるように

努めたいと思います。


関連記事

Noimage 会計・税務

建設業会計で毎月決算予測をする!